頭皮かゆみの主な7つの原因・症状〜痒みで悩んでいる方は必見〜

MENU

すこやか地肌体験談

頭皮かゆみの主な7つの原因・症状〜痒み(かゆみ)で悩んでいる方は必見〜

今日は頭が痒い…人間ですからそんな日もありますね。
しかし季節を問わず、1年中痒み(かゆみ)を伴ってどうしようもなく悩まされている方も意外と多いということをご存知でしょうか。

 

頭皮かゆみにおすすめのすこやか地肌

 

煩わしい頭皮の痒み(かゆみ)…この痒みはどうして起こってしまうのでしょうか。

 

頭皮がかゆい原因は人それぞれ様々にありますが、
特に頭皮のかゆみの原因となる症状は次の7つとなります。

 

@乾燥 Aストレス B湿疹 C洗い残し Dアトピー性皮膚炎 E食事 F睡眠
それではそれぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

 

 

@乾燥

頭皮の乾燥は痒み(かゆみ)の原因の代表的な原因です。

乾燥の特徴
  • 頭皮の色が白い
  • 頭皮が突っ張る感じがする
  • 掻くと細かなフケが出る

頭皮は体から繋がった1枚の皮膚で出来ています。
みなさん、顔や体は乾燥しないように化粧水・美容液・乳液などを入念にお手入れしているのに、頭皮のケアは何もしていない方が多いですよね。

 

常に外気にさらされている頭皮は、我々が思う以上に乾燥しているのです。
そしてこの乾燥が痒み(かゆみ)を引き起こす原因にもなります。

 

では、何故乾燥してしまうのか?原因を3つご紹介したいと思います。

シャンプーの成分が強すぎる

頭皮のベタつきは気持ち悪いものです。
皮脂が多すぎると悪臭の原因にもなりますので、多くのシャンプーは脱脂力が強い成分が含まれています。

 

特にアウリル硫酸という成分が入っているシャンプーは、脱脂力が強いので使う人によっては乾燥の原因となります。

 

頭皮保湿ケア

 

おすすめのシャンプー

ハーブガーデンシャンプー
頭皮トラブルでお悩みの方におすすめのシャンプーは「HERB GARDEN(ハーブガーデン)」です。
人にも環境にも優しい、38種類の天然由来の成分を配合した無添加・ノンシリコンのアミノ酸シャンプーです!

 

高保湿成分も入っているので、髪に潤いを与えてくれます。
健康な地肌・頭皮にしてくれるだけでなく、美髪効果も抜群なのは、嬉しいですね。!

 

保湿と頭皮ケアに特化した究極のシャンプー。
毎日使うケア商品だからこそ、今あるシャンプーを見なおしてみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは公式サイトよりご確認下さい。

 

詳細はこちらから

 

シャンプーの仕方に問題がある

汚れを落とそうとして、必要以上にゴシゴシと擦っていませんか?

 

頭皮は非常に薄い皮膚で出来ていますので、刺激には弱いです。
力を入れて洗うことは、頭皮を傷つける原因となりますので注意が必要です。

加齢

悲しいことに、年齢を重ねてくるとお肌の水分保持力は低下していきます。
これは頭皮に限らず、顔や体にも当てはまることです。

 

コラーゲンなどの良質な成分を積極的に摂取して、体の内側から潤いを取り戻すように心がけましょう。

 

Aストレス

現代人は多くのストレスを抱えています。
これは致し方ないことかもしれませんが、意外にもストレスは頭皮環境や地肌に大きな影響を与えています

ストレスの特徴
  • 頭皮がオイリーになる
  • 頭皮が乾燥する

ストレスを感じることによってホルモンバランスが崩れると、皮膚の新陳代謝が正常に働かなくなってしまい古い角質が溜まっていきます。
睡眠不足・過剰労働などは特に影響が大きく、頭皮の新陳代謝のバランスを崩してしまうため頭皮環境が悪化してしまいます。

 

そこに汚れや皮脂などが合わさることによって、痒みや赤みの原因となるのです。

 

それに加えて体調が良くなくなると栄養が頭皮にまで行き渡らなくなり、更に悪化してしまうという悪循環を生み出してしまうので甘く見てはいけません。

 

子供から大人まで忙しい毎日を過ごし、多かれ少なかれストレスを感じながら生きている現代…
出来る限り体を休めたり・自分の好きなことに没頭してストレス解消を心がける必要があるのです。

B湿疹

頭皮が痒いと思った時に、意外と皆さん何もしないで様子を見ることが多いようです。
しかし、実は頭皮湿疹と呼ばれる皮膚の病気から痒み(かゆみ)が来ていることもありますので注意が必要です。

湿疹が出た時の原因2つ

頭皮に湿疹が出来た場合、大きく分けて乾燥が原因で起こる場合・皮脂の過剰分泌で起こる場合とに分けられます。

 

頭皮湿疹は、皮脂の分泌が多くてなる場合もありますし、皮脂が少なくて乾燥して起こる場合もあります。
頭皮がべたつく場合は皮脂が多く・パラパラとしたフケが伴う場合には乾燥していますので、それぞれ適切な対処が必要になります。

乾燥性の湿疹の特徴
  • 頭皮が乾燥して痒くなり、掻いてしまった部分にばい菌が繁殖し炎症を起こしてしまう
  • 強い痒みを伴う
  • 乾いた細かなフケが大量に出る
脂漏性の湿疹の特徴
  • 頭皮の皮脂が過剰に分泌することによって、それを餌とする菌が繁殖し痒み(かゆみ)フケなどのトラブルを起こす
  • 頭皮や髪の毛がベタつく
  • 不快なニオイがする
  • 湿った大きめのフケが出る
頭皮湿疹の中でより厄介な「脂漏性湿疹」

頭皮湿疹の中でより厄介なのが、皮脂の過剰分泌によって起こる「脂漏性湿疹」と呼ばれるものです。
「脂漏性湿疹」の場合には、ベタっとした大きめのフケが髪の毛の根元に張り付くような症状が特徴的です。

 

痒みは初めはあまり感じないのですが、症状が進行して皮膚炎になると痒みも起こります。
脂漏性湿疹は、頭皮に常在しているマラセチアという真菌(カビの一種)と深いかかわりがあるとされています。

 

このマラセチアが増殖すると皮膚炎を起こしてしまうのです。
そして赤みを帯びたり・痒みの度に掻いてしまうと、皮膚を傷つけてかさぶたになってしまったり・掻いては傷つけという繰返しを起こしてしまうこともあるのです。

 

脂漏性湿疹の場合には頭皮の余分な皮脂を適度に落とし、頭皮を清潔に保つことが重要です。

C洗い残し

意外に多いのが、きちんと洗い流せていないということです。
洗い流しが不十分なのは、シャンプーのつけ過ぎということもあります。

 

シャンプーはつけ過ぎても洗浄効果が上がるわけではありません。
返って洗い流しに繋がるので注意が必要です。

 

特に洗い残しが気になるのは頭頂部〜後頭部にかけてです。
手が届きにくいということもありますし、見えない部分ですのでどうしても洗い残しが起きてしまいます。

洗い残しの特徴
  • 洗い流したはずなのに髪の毛や頭皮がヌルつく
  • 香りがいつも以上に強く残っている
  • 部分的に痒み(かゆみ)がある
頭を洗う時のポイント

洗うポイントは、頭頂部から1本線を引いてそれに沿って順番にリズム良く流していきます。
根元からきちんとすすぐように洗い流すのがポイントです。

 

今や様々な種類のシャンプーがあり、どれを選ぶのか迷ってしまうくらいです。
成分がやさしいものから皮膚の健康を考えた薬用の物までありますが、どのシャンプーを使ってもきちんと洗い流すことが重要とされています。

 

少しでも香りを残そうとして十分にすすがない・リンスの使い方を間違えているなどシャンプーの仕方に問題があると頭皮のトラブルを引き起こすこともあるのです。

Dアトピー性皮膚炎

アトピーは頭皮に出る場合もあります。
乾燥による痒みと区別が付きにくいのですが、どのような症状が出たらアトピーを疑った方が良いのでしょうか。

アトピー性皮膚炎の特徴
  • 頭皮だけでなく顔・体など全体的に症状が出ている
  • 痒みがひどくて我慢できない
  • 患部の皮膚が堅くなってしまっている
  • 異常なくらいの痒み
  • 掻きすぎることによって毛が抜けてくる
  • ジュクジュクして汁が出てくる
  • ケロイドのような皮膚になる

比較的目にも見えやすい症状が起こります。

 

アトピーは完治するのに難しい病気とされていますが、早期発見早期治療を行えば改善の余地はあります。
上記のような症状や炎症が起こった場合には、一刻も早く病院に行きましょう

 

頭皮の痒みなどのトラブルは日常的に繰り返しやすい症状ですので、今や薬局などで簡単に治療薬を購入することができます。
しかし、市販の治療薬を使い続けても症状が改善しない場合・痒みや赤みや痛みが増してくるといった場合にはアトピー性皮膚炎などの特別な処置が必要な場合もありますので注意して下さい。

 

アトピー性皮膚炎はいまも多くの人を悩ませる病気です。
大人になってから突然発症する方もいますので、症状によく注意をして適切な対処をしていきましょう。

 

>>お風呂での正しい頭皮の洗い方についてはこちら!

E食事

意外なことと思われるかもしれませんが、食生活が頭皮の環境を悪化させ乾燥や皮脂過多で痒み(かゆみ)が出てしまうこ事もあります。
逆に言えば食事を改善する事で頭皮環境の改善が出来るとも言えます。
まず頭皮環境が良くない場合におすすめ出来ない食べ物は、辛いものなどの刺激が強い食べ物です。
体にストレスが掛かってしまうので、新陳代謝を遅らせてしまったり・頭皮を硬くしてしまうため控えるようにして下さい。

 

頭皮に良い食べ物としておすすめの食材は以下の通りです。

亜鉛

新しい細胞を作る時に必要な要素。
日本人は特に亜鉛が不足しがちなので要注意です。

 

うなぎ・牡蛎・海藻類・納豆・豚レバー・アーモンド

ビタミンA・B・C・E 群

体の免疫力を高めて新陳代謝を促し、細胞分裂を正常化して頭皮環境を良くする。
またコラーゲンの生成を促して、抗ストレスホルモンを分泌することにより健康で丈夫な頭皮を作る役割をします。

 

レバー・大豆・卵・乳製品・カツオ・マグロ・バナナ・ピーナッツ・くるみ・緑黄色野菜・玄米

 

これらを上手に食事に取り入れて、体の中から健康な状態を作っていきましょう。

 

>>体内から防ぐ栄養素・食事についてはこちら!

F睡眠

忙しい現代人は睡眠不足に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
睡眠が十分に取れないと、体の色々な部分に支障をきたし健康な状態を保てなくなってしまいます。
新しい細胞が生まれるのも眠っている間の出来事ですので、毎日十分な睡眠を摂りたいですね。

 

さて、ここで疑問が出てくること思います。
理想的な睡眠時間とは、一体何時間くらいのことを指すのでしょうか?

 

正解は6時間30分〜7時間30分の間です。
面白いことに6時間以下でも8時間以上でも病気になるリスクが上がるそうで、上記の時間の睡眠時間を摂っている方が1番病気に罹りにくいと言います。

 

みなさんの睡眠時間はいかがでしたか?
今日から是非時間を気にしながらベッドに入るようにしてみると、健康的な毎日が過ごせることと思います。

 

頭皮と生活習慣は密接に関係しているということを忘れずに、バランスのとれた健康的な毎日を過ごしていきましょう。

 

頭皮かゆみはどのくらいの期間で完治するの?

頭皮がかゆくなった経験は誰もがあることですが、長期に渡ってかゆさが取れない場合、頭皮に何らかのトラブルが起きている可能性があります。
例えば頭皮湿疹やアトピーなどは、激しいかゆみに加えて、痛みやフケが表れるなど、様々な症状に悩まされるので、出来る限り早く治療したいところですが、頭皮のかゆみはどのくらいの期間で完治するのでしょうか。

 

原因を取り除いて早期治療

頭皮のかゆみを早いうちに治したい場合は、すぐに原因を取り除く必要があります。
頭皮がかゆくなる原因は様々ですが、特に多く見られるのが頭皮に付いた化学物質が原因のケースで、シャンプーやヘアカラーに含まれる成分のせいで頭皮が炎症を起こすことが多いです。
そのためかゆみが出る直前に使っていたシャンプーなどを使わず、別のケア商品を使うことで、数日間で症状が改善するケースもあります。

 

意外と長引くケースも

原因を早くに特定して、頭皮を綺麗にすることが出来れば、早期治療することも不可能ではありませんが、頭皮のトラブルは髪の毛に隠れて見つけにくく、気づいたころには症状が進行していることが大半です。
こうなると原因を取り除いても症状は継続するので、頭皮を清潔にしつつ薬などを使い続けなければならず、大体4週間から6週間はかけなければ完治させることが出来ないといいます。

 

さらに病気の種類によってはさらに長期間治療が必要になるので、頭皮の状態には常に気を配るようにしましょう。

 

医療機関で早く治す 頭皮のかゆさはついつい軽視しがちですが、アトピーのように専門的な治療を受けないと完治させることが難しい病気も多いので、頭皮に違和感を感じるようならすぐに皮膚科などの医療機関で検査してもらいましょう。
自己流の治療を長く続けるよりも、専門医の指導の下提供される薬を使ったほうが、病気の治りも間違いなく早いので、頭皮を守るためにも医療機関は積極的に活用しましょう。

 

頭皮のかゆさを甘く見ると、日常生活に悪影響が出るほどに症状が悪化しかねません。
常に快適な暮らしを送るためにも、頭皮に異常が見えたときにはすぐに治療の準備を進めるようにしましょう。

関連ページ

あなたは大丈夫?収まらない頭皮のかゆみは体質が原因だった
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
あなたの頭皮にも潜んでいる?かゆみの原因の恐ろしい皮膚ダニ
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
身近にあるヘアケア用品も頭皮かゆみの原因のひとつ
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。