【頭皮かゆみ】頭皮の痒みやフケで悩んでいるのは私だけ!?

MENU

すこやか地肌体験談

頭皮の痒みやフケで悩んでいるのは私だけ!?

頭皮の痒みやフケで悩んでいるのは私だけ!?

 

頭皮の痒みが原因でフケなどの問題に悩まされている…毎日髪の毛は洗って清潔にしてはいるつもりなのにどうしてこんなに痒いのか。
頭を掻いていたり、フケが落ちていたりすると何だか不潔な印象を与えるのがとても気になる…こんな悩みはありませんか。

 

実は頭皮の痒みやフケなどで悩んでいる方は、あなただけではありません。
赤ちゃんからご年配まで、実に幅広い年代において頭皮の痒みを感じている方は多いのです。

 

20代〜50代の男女においては約半数以上が頭皮の痒みに悩まされているというデータもあります。
不潔だと思われるのが恥ずかしくてなかなか病院に行くことが出来ない…そんな声も聞かれますが、早期発見早期治療が大切ですので症状が酷くなる前にきちんと病院に行きましょう。

 

厄介な「脂漏性湿疹」には注意!

頭皮の痒みやフケが気になる場合、厄介なのが「脂漏性湿疹」というものです。

 

「脂漏性湿疹」とは、頭皮の皮脂の分泌が盛んで頭皮がベタついた状態になり、皮脂が毛穴を塞いでしまったところにばい菌が繁殖して炎症を起こすなどの症状を引き起こします。

 

また皮脂を栄養分として繁殖するマラセチアという真菌(カビの一種)が関与してくると症状はより進行し、痒みや赤み・皮膚の剥がれなどに繋がっていきます。
この場合には抗真菌剤を使用して治療する必要がありますので、早期発見が重要となってくるのです。

 

それでは、発見が遅れないように毎日どんなことに注意をしていけば良いのでしょうか?

 

「脂漏性湿疹」の早期発見チェック表!

頭皮のベタつき具合を調べる

シャンプーをする時、まずはお湯だけでじっくり流す習慣をつけましょう。
このときに指で頭皮をマッサージしますが、その際に頭皮がベタついていないか確認します。

 

もしベタつきがある場合には皮脂が過剰に分泌してしまっている傾向にありますので、さっぱり系のシャンプーを使うなどして頭皮の油分を調節しましょう。

 

大きめの湿ったフケがないか調べる

脂漏性湿疹の場合には、大きめの湿ったフケが発するのが特徴です。
頭皮がベタついているので、その皮脂を吸うことによって湿り気を帯び髪の毛の間にこびりついている場合が多いです。

 

もしフケを見つけた場合、湿り気があるかないかをきちんとチェックすることによって自分が脂漏性湿疹に罹りやすいタイプなのかが分かります。

 

おでこの生え際・耳の後ろなどに痒み・赤みがないか調べる

脂漏性湿疹の場合、症状が頭皮に限らずおでこの生え際・耳の後ろなどの皮脂が溜まりやすい場所にも発生することがあります。

 

この部分に痒み・赤みが生じた場合には、症状が少しずつ進行している証拠ですので早く病院に行きましょう。

 

また、症状を進行させないために日頃から生え際や耳の後ろなども忘れずに清潔に保つように心がけて下さい。

 

以上のようなことを毎日チェックしていくことで、脂漏性湿疹の症状を早期に発見することが可能です。
脂漏性湿疹は良くなったり・悪くなったりを繰り返しやすいので、毎日のチェックで回避しましょう。

 

赤ちゃんや子供でも頭皮トラブルは起こります

頭皮の痒みやフケは、不潔にしているからなるという訳でもありません。
頭皮が乾燥したり、逆に皮脂が過剰分泌されることによってトラブルが起こる場合がほとんどです。

 

現に、お肌が綺麗とされている赤ちゃんや子供でさえ頭皮のトラブルを抱えることもあります。
大抵の場合、綺麗に洗浄して保湿を行いお肌の新陳代謝を高めていくことによって症状が改善されることが多いのですが、まれに炎症を起こしてしまって慢性的にトラブルを繰り返したり、アレルギーによる症状の場合もありますので注意が必要です。

 

赤ちゃんの脂漏性湿疹の対応

実は、脂漏性湿疹は赤ちゃんにも多く見られる症状です。
生まれてから数週間〜数ヶ月すると、頭皮の皮がペラペラと剥け始める時期が必ずあるのです。

 

赤ちゃんの場合には、基本的には薬を塗ることを避けたいのでとにかく基本のケアを行い様子を見ます。

 

基本のケアとは?

基本のケアとは、頭皮をぬるま湯で洗う・拭く⇒乾燥させる⇒保湿クリームを塗る…という流れです。
また、生まれたての赤ちゃんは常に寝ているので寝具を清潔に保ってあげることも重要です。
新陳代謝が活発なので、当然お風呂に毎日入れてあげることも重要となってきます。

 

基本のケアで症状が改善していく場合が多いのですが、稀に脂漏性湿疹となって症状が長引く場合もあります。

 

この場合には早く病院に行き、適切な対処を行いましょう。
症状が進行してしまうとアトピーや皮膚炎にまで発展する可能性もありますので、早期発見が重要です。

 

言葉を話せない赤ちゃん…守ってあげられるのはお母さんなのです。

 

洗浄・保湿などの基本的なケアを行っても症状が改善しない・症状が酷くなるという場合にはすぐに病院に行って下さい。

 

また頭皮はストレスや睡眠不足・バランスの悪い食事などが原因で起こることもあります。
近年頭皮のトラブルを抱える人が増えて来ているのは、忙しい現代の副作用なのかもしれません。

 

受験勉強や過度な習い事など、大人でなくてもストレスは多い現代です。
バランスのとれた食事・十分な睡眠時間・ストレスを発散する方法などを生活の中に上手に取り入れることによって、頭皮のトラブルを回避していきましょう。

 

老若男女問わずやってくる頭皮問題…毎日の生活から見直していく必要があるのです。

関連ページ

頭皮が痒い時は、美容院へ行かない方が良いの?
頭皮かゆみ.netでは、頭皮のかゆみの原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。