頭皮が赤い時の原因と5つの対処法!おすすめシャンプーも紹介

MENU

頭皮が赤い時の原因と5つの対処法!おすすめシャンプーも紹介

頭皮の赤みを気にする女性

 

頭皮に出来てしまう赤いブツブツや湿疹。
かゆかったり痛かったりしてつい触ってしまいますよね。

 

頭皮が赤くなってしまう原因は大きく分けて5つあります。
その代表的な5つの原因の詳しい説明と対処方法をご紹介します。

 

 

「湿疹」の対処方法

頭皮が赤いのは湿疹?

 

頭皮が急にかゆくなり、フケが大量に出るようになったりといった症状が表れたら、頭皮湿疹が起きている可能性が高いです。
主にシャンプーやヘアカラーといった、頭皮に強い刺激を与える成分が含まれるものや、何かしらのアレルギー反応が現れる物質が頭皮に付くことで、かゆみなどの症状が表れます。

 

また、頭皮の湿疹には乾燥によるもの・皮脂の過剰分泌によるものの2種類があります。
1つは乾燥によるもの・もう1つは頭皮の皮脂の分泌が多いために起こる脂漏性のものです。

 

対処方法がそれぞれ違いますので注意して下さい。

乾燥が原因の場合

乾燥による湿疹の場合には、乾燥する季節になると誰もが起こりうる症状の1つです。
症状としては、乾燥性の場合には頭皮を掻いてしまうと頭皮が剥がれてフケが大量に発生します。

 

頭皮に優しいシャンプーを使用するなどして、頭皮への刺激を少なくする。
また、保湿を十分に行う必要があるので油分を取りすぎないようなアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いです。
頭皮を保湿してかゆみを抑え、掻かないということが1番のポイントです。

 

皮脂の過剰分泌が原因の場合

脂漏性の湿疹は詳しい原因は分かっていませんが、ストレス・偏った食事・体質などによって起こるとされています。
脂漏性の場合には、頭皮がベタっとしており剥がれた大きめのフケが髪の毛や地肌にへばりくっついている状態になります。

 

頭皮の油分を適度に取り除くように、優しくマッサージを行いましょう。
その際爪を立てたりせずに、指の腹を使ってゆっくりと円を描くように頭皮を綺麗にしていきましょう。
目の細かい櫛などを使用してしっかりとフケを落とすこと・頭皮の余分な油分をきちんと落とすことを徹底しましょう。

 

また、ストレス・偏った食事・睡眠不足などが無いように、生活全般を見直すことも重要です。
さらに脂漏性湿疹の場合には、しっかりと治さないと湿疹を繰り返す傾向にあるので専門家による治療が必要です。

「シャンプーでの炎症」の対処方法

頭皮が赤いのは炎症?
シャンプーの成分がお肌に合わないと、頭皮が乾燥して赤くなったり痒くなったりします。
シャンプーは基本的には頭皮につけることを前提に作られているので、非常に刺激の強いものなどは加えていないよう作られています。

 

しかし安いシャンプーに使われる界面活性剤などの成分は肌に負担をかける場合があります。
頭皮が赤くなってかゆみや痛みを感じるようになったり、フケが大量に出たりといった症状につながります。
また、油分を強烈に落としてしまう成分が含まれていることがあり、それを使用することによって頭皮が乾燥してしまいます。

 

痒いからといって掻いてしまうとフケが大量に発生したり、傷がついて炎症がどんどん広がってしまう場合がありますので注意が必要です。

 

シャンプーが肌に合わない場合にも湿疹が起こります。
油分を必要以上に取り去ってしまうような強い成分が含まれているシャンプーもありますので、頭皮の赤み、痒みなどの異常が起きた場合にはすぐに使用を中止しましょう。

 

アミノ酸系のシャンプーは成分が優しいので、こちらに変えてみるのも良いでしょう。

 

おすすめのシャンプー「ハーブガーデン」

 

無添加・ノンシリコンのアミノ酸シャンプー「HERB GARDEN(ハーブガーデン)」は、自然の天然由来の成分を配合しているので、赤ちゃんにも使える優しいシャンプーです。
健康な地肌に改善すると共に、高保湿成分で髪の毛にも潤いを与え、サラサラの美髪になれますよ。

 

ハーブウォーターとハーブエキスが主な成分で、頭皮ケアに嬉しい成分がギュッと詰まっています。
15日間の返金保証キャンペーンも行っていますので、まずはお試ししてから考えても良さそうですね。

 

詳細はこちらから

 

>>売れ筋人気シャンプーランキングはこちら!

 

「紅斑」の対処方法

髪の毛の生え際などが赤くなってしまう症状で、頭皮の毛細血管が拡張したことによっておこるのが紅斑です。
紅斑は一時的なものなので、すぐに治療しなくてはいけないものではありません。

 

また頭皮の痒み・痛みなどは伴わないのが普通です。
頭皮が赤くなったのに、激しい痛みやかゆみといった症状を感じなかった場合は、紅斑になっている可能性があります。

 

ただ、長期化した場合は徐々にかゆみや痛みを感じるようになり、頭皮が化膿するなどの症状が表れるようになります。
頭皮の痒みなどを伴う症状が出てきた際には、すぐに病院に行きましょう。

 

患部に刺激を与えないように注意すること・保湿を行うことに注意しながら生活し、範囲が広がるなどの異変が起こらないように気を付けて下さい。

「紫外線」の対処方法

頭皮の赤みは紫外線?
紫外線はお肌にもよくありませんが、頭皮にとっても大敵です。
紫外線による頭皮へのダメージも侮ってはいけません。
太陽光に含まれる紫外線は、頭皮に強いダメージを与えます。

 

特に頭皮は黒い髪の毛に覆われているので、太陽の光を集めやすいので注意が必要です。
またお肌は日焼け止めなどを塗って対策しているにも関わらず、頭皮は対策している人が少ないのも特徴です。

 

症状には個人差がありますが、敏感肌の方は頭皮がひりひり痛むようになり、角質が不安定になってフケが出るなどの症状が表れます。
特に夏場や頭頂部は紫外線を浴びやすい環境にありますので、日頃から注意をしましょう。

 

帽子をかぶる・日傘をする・紫外線予防スプレーをするなど、皮膚が薄くて弱い頭皮を守るように心掛けましょう。
もしフケが出たり・火傷のような痛みがある・痒みが止まらなかったりする症状がある場合には、症状が酷くなる前に病院へ行きましょう。

「カラーリング剤」の対処方法

頭皮の赤みの原因はカラーリング?
現代のお洒落には欠かせないカラーリング。
このカラーリングも頭皮に負担を掛けています。
この薬液が刺激となって、一時的なアレルギー症状を引き起こすと赤く湿疹が表れることがあります

 

カラーリングを自宅で行っている方は要注意です。
カラーリング剤を使用する方は多いのですが、頭皮にかける負担はシャンプーよりもはるかに大きく、肌との相性が悪いとあっという間に頭皮が傷つき、激しい痛みやかゆみなどを感じるようになります。
もしそうした症状が表れた場合は、使用したカラーを使うのを止めて、皮膚科で治療を受けたほうが良いでしょう。

 

皮膚に付けないように注意書きがありますが、自分で行うにはなかなか難しいと思います。
刺激を与えることによって軽いアレルギー反応が起こり、湿疹の原因となることがあります。
カラーリング後に頭皮のかゆみや赤みが出て状態が悪くなった場合には、そのカラーリング剤の使用を控えるようにしましょう。

 

また、カラーリング剤を十分に洗い流して頭皮に残らないようにすることが1番の対策となります。

頭皮が赤い時に絶対に行ってはいけない3つのポイント

頭皮が赤いときのポイント頭皮が赤くなったときは、何かが原因で頭皮にダメージが与えられている可能性があります。
きちんとケアをすれば頭皮の赤さは治まりますが、逆に間違った対策で頭皮を余計に傷つけることもあるので、前もって絶対に行ってはいけない3つのポイントを学んでおきましょう。

 

1.頭皮に強い刺激を与える

頭皮が赤くなった時にまず行ってはいけないことは、頭皮に強い刺激を与えることです。
頭皮は他の皮膚と比べて薄く、外部からの刺激で簡単に変質してしまいます。
刺激を与えてしまうと、ただでさえダメージを受けて赤くなっている頭皮を余計に傷つけ、痛みやかゆみを引き起こしたり、化膿させてしまうこともあります。

 

特にシャンプーやカラーリング剤など、頭皮の赤みの原因になるものを引き続き使い続けることは厳禁です。
頭皮が赤くなる直前に使ったシャンプーなどは、使わずに処分したほうが良いでしょう。

 

2.荒い洗髪に注意

頭皮が赤くなるということは、頭皮に強い刺激が与えられたということになります。

 

シャンプーの相性が良かったのに、頭皮が赤くなってしまった時は、洗髪の仕方に何かしらの問題があると思われます。例えば洗髪する際爪を立てて洗うという方は、爪によって頭皮が傷つけられている可能性が高いので、指のお腹でやさしく洗うようにしましょう。

 

またすすぎの際もシャンプーやリンスが残ると毛根にシャンプーなどのカスが溜まり、頭皮にシャンプーの成分が浸透して痛みやかゆみを強める可能性があります。

 

3.自己流ケアを過信しない

頭皮が赤くなるなど、に何か異常が出た際、自己流ケアでどうにかしようという方も多いはず。
ですが知識もないのに自分だけでどうにかしようとしても、効果が無かったり、悪化する可能性もあります。

 

皮膚科などの専門的な医療機関なら、何かしらの症状が表れても適切な治療を行ってくれます。
症状にあわせて薬を用意してくれるので、自己流でどうにかしようとするよりも早く治療を済ませられますよ。

 

頭皮に赤い湿疹ができている時には、とにかく刺激を与えないようにすることが重要です。

  • 痒いからといってシャンプーでゴシゴシ洗う
  • 症状も分からないのに適当な薬を使う
  • 患部が気になって触る

このようなことは絶対にしないようにしましょう。

 

症状をより酷くしてしまう場合もありますので注意が必要です。
頭皮の痛みや赤みはそのまま放置すると毛根の働きにも影響が現れ、薄毛などの原因になることも多いです。
健康な頭皮と髪の毛を守るために、病院も選択肢に入れながら冷静に対処しましょう。

頭皮が赤くなる前に出来る3つの予防法

お肌のケアを行うように、頭皮についても日頃からケアを行うと健康な頭皮を保つことが可能です。
頭皮が赤くなる前に実践したい予防法をご紹介します。

 

血行を良くして、頭皮を健康に保つ

頭皮の血行を良くするマッサージを日頃から行いましょう。
手の平を大きく開いて、指の腹を使って指先を小さく円を描くように動かします。

 

>>毎日の洗髪時に出来る!簡単頭皮マッサージの方法はこちら!

 

頭皮が赤い原因の一つに、頭皮の乾燥があります。
頭皮の乾燥対策には、頭皮専用のオイルや美容液を使っても良いですし、頭皮がオイリーな方はスッキリ系のローションを使っても良いと思います。

おすすめの頭皮専用保湿美容液

すこやか地肌
女性の支持率No.1!81%の女性が頭皮の痒みが消えた!

すこやか地肌

@cosme頭皮ケア部門第1位
2015年度モンド・セレクション銀賞受賞
スキンケア大学掲載

 

なんと美容成分が99.6%配合されている上、徹底的にオーガニックな素材の使用にこだわった商品です。
さらに、高い品質を維持するために国内の工場で丁寧に製造されています。
医薬品レベルの管理水準なので、敏感肌の人でも安心して使うことができますね!

 

また、すこやか地肌だけに含まれるエキスとして1.サクラ葉エキス2.ワサビ根発酵エキスの2つがあります。
このエキスが頭皮のかゆみを抑えるのに高い効果を発揮してくれるんです。

 

90日間の全額返金保証キャンペーンがあるので効果を感じなかった際は、返品をすれば全額返金できます。
お試し感覚で気軽に購入できるのも人気な理由の一つですね。

 

>すこやか地肌を使ってみた感想・口コミはこちら

 

詳細はこちらから

 

価格 定期コース:3980円 単品:7200円
サイズ・容量 120ml
評価 評価画像

 

自分に合ったシャンプーを選ぶ

頭皮の状態は人によって異なります。
オイリーの人もいれば乾燥傾向にある方もいますので、自分の頭皮の状態に合ったシャンプー選びをすることがポイントです。
頭皮が赤い時は特に、刺激の少ないシャンプーを選びましょう。

 

頭皮を守る生活をする

太陽が照っている時には帽子をかぶる・日傘をする・紫外線防止スプレーをするなど、頭皮を刺激から守るように日頃から心掛けましょう。
頭皮も顔や体と同じ皮膚の一部です。

 

ケアを忘れがちですが、注意するだけでもトラブルは防ぐことが出来ます。

 

頭皮が赤い原因は意外なところに隠されているかもしれません。
見落としがちな頭皮のケアも日常的に行うように心掛けていくと良いと思います。
紫外線が強い季節は、みなさん注意していきましょう。

 

頭皮保湿ケアランキングはこちら

関連ページ

頭皮の炎症で病院に行く前に!かぶれやただれに3つの対処法
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
頭皮のフケに効くシャンプーのおすすめ6選!原因は乾性?脂性?
頭皮かゆみ.netでは、頭皮のかゆみの原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
頭皮の臭い対策シャンプーランキング5選!市販はおすすめできない?
頭皮かゆみ.netでは、頭皮のかゆみの原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。