頭皮のかゆみ・フケに効果的とされているシャンプーは危険?!

MENU

すこやか地肌体験談

頭皮のかゆみ・フケに効果的とされているシャンプーは危険?!

頭皮のかゆみやフケに良いシャンプーは危険?

 

頭皮の痒みやフケは、その見た目から不潔な印象を与えてしまいます。

 

毎日清潔を保っていても、それに関係なく痒みやフケが起こることもありますのでどのように改善すれば良いのか分からずに困り果ててしまう方も多いのではないでしょうか。

 

実は頭皮の痒みやフケで悩んでいる方は多く、多くの専用シャンプーが発売されています。
しかし、誰にでもぴったり合うシャンプーはなかなかありませんので自分に合った物を選ぶようにしなくてはなりません。

 

特に強い成分が含まれているシャンプーの場合、症状が改善するどころか悪化してしまうと言うケースも見受けられます。
数回試してみて自分の肌に合わないと感じた場合には、無理をせずに使用を中止する勇気も必要なのです。

 

頭皮のかゆみやフケに対するチェックポイント 「ラウリル硫酸」成分には注意!!
頭皮の洗浄を目的としたシャンプーの場合、ラウリル硫酸という成分が含まれていることがあります。

 

ラウリル硫酸は強力な洗浄力を持っているため、頭皮の水分や油分を必要以上に奪ってしまうことがあり、「ベタベタがとれてスッキリする!」と感じる方もいれば「余計に乾燥して痒みやフケが増えた気がする」と感じる人もいます。

 

乾燥傾向による痒みやフケで悩まされている方にとっては、このラウリル硫酸という成分はとても危険です。
使い続けることによって確実に症状は悪化していきますので、使わないようにしましょう。

 

逆に頭皮の皮脂が過剰分泌傾向にある方の場合には、頭皮がすっきりして症状が改善される場合もあります。
もちろん付け過ぎは逆効果ですので、用法・用量を守って使用して下さい。

 

乾燥傾向にある方におすすめの成分

乾燥傾向による痒みやフケでお悩みの方は、とにかく刺激を与えずに保湿をすることが重要です。

 

そんなみなさんにおすすめの成分が、アミノ酸を使用した地肌に優しい低刺激のシャンプーです。
お肌と同じ弱酸性の成分ですので、お肌に優しく・保湿力もありますので洗い上がりも地肌が突っ張らないのが特徴です。
また、泡立ちが良いので刺激を与えることなく地肌まで洗浄することが出来ます。

 

乾燥系の痒みの方には、アミノ酸系シャンプーをおすすめします。

 

皮脂の過剰分泌が気になる方にもアミノ酸系シャンプーは有効です。
しかし中には成分が優しすぎるために余分な皮脂が取り切れず、効果を感じにくい場合もあります。

 

このように自分の地肌タイプと照らし合わせて、1番効果のあるシャンプーを選んでいくことが最も重要なのです。

 

自分の地肌のタイプについて

みなさん、自分の地肌のタイプをご存知でしょうか。
頭皮の痒み・フケなどが起こる原因は、実は様々な理由から起こるとされています。

 

@地肌が乾燥して痒み・フケが起こるタイプ
A皮脂の過剰分泌が原因で痒み・フケが起こるタイプ
Bアレルギーやアトピーが原因で痒み・フケが起こるタイプ

 

主にこちらの3パターンに分類することが出来ます。

 

適切な治療法を行うためにも、自分がどのタイプであるのかを把握することは非常に重要なことです。

 

これからチェックリストを見て頂き、今後の治療に是非お役立て頂ければと思います。

 

タイプ@

■乾燥する季節になると、髪の毛がパサつく
■顔や体の皮膚が粉をふいたりする
■頭を掻くと、パラパラとした細かいフケが出る

 

タイプA

■1年中、特に夏場に髪の毛が痒くなる
■地肌がベタついている
■地肌と髪の毛の間に、大きなフケがこびりつく
■耳の後ろ・えりあし部分も赤みがある

 

タイプB

■花粉症などの季節性のアレルギーを持っている
■特定の食べ物に対してアレルギーを持っている
■痒みが我慢できなくて、とにかく掻きむしってしまう

 

さて、みなさんはどのタイプの項目に1番当てはまったでしょうか。

 

結果は…

 

タイプ@⇒乾燥型

 

タイプA⇒過剰皮脂型

 

タイプB⇒アレルギー型

 

となります。

 

今回タイプを調べた結果を受けて、それぞれの皆さんが行うべき対処法を、シャンプーを例にご紹介したいと思います。

 

タイプ@乾燥型

乾燥型の場合には、とにかく地肌を保湿して潤してあげることが大切です。
そして、ますます乾燥を招くような刺激を与えてはいけません。

 

そこで皮脂を取り過ぎる傾向にある一般的なシャンプーではなく、地肌と同じ弱酸性でお肌に優しいアミノ酸系成分のシャンプーを使うようにして下さい。

 

アミノ酸系シャンプーは、お肌の潤いを守りながら・きちんと洗浄も行ってくれる低刺激のシャンプーです。
乾燥型の方は是非試してみて下さい。

 

タイプA過剰皮脂型

過剰皮脂型の場合には、地肌の余計な皮脂を取り除いて清潔な状態に保つことが大切です。

 

過剰皮脂の場合には、単なる皮脂が原因となっているパターン・マラセチアと呼ばれる常在菌の一種で真菌(カビの一種)が原因となっているパターンが考えられます。

 

厄介なのがマラセチアが原因の時で、マラセチアを根絶するためには抗真菌剤を使用して治療しなければなりません。
そのようなことになる前に、日常的に頭皮が脂っぽい方はシャンプーを利用して症状を改善していく必要があります。

 

現在市販されている「頭皮環境改善に効くシャンプー」においても、マラセチアが異常繁殖しないように抑制する成分が含まれたシャンプーが出始めました。
是非このようなシャンプーを選んで、毎日のケアを行ってください。

 

タイプBアレルギー型

アレルギーやアトピーが原因で起こる症状は、一見するとタイプ@の乾燥型にも思えると思います。

 

しかし、頭皮を保湿しても異常な痒みに襲われる・地肌だけでなく顔や体にも痒みがある・特定の何かを食べると痒みに襲われるなどの場合には、アレルギーである可能性を疑ってみましょう。

 

この場合には、自己判断での治療では危険です。
必ず医師の診断を仰いで下さい。

 

アレルギーやアトピーの方専門のシャンプーなどは病院で購入することが出来ます。
症状が軽い方はタイプ@と同じような、お肌に優しいアミノ酸系シャンプーを使うことも可能です。

 

いずれにしてもアレルギーやアトピーの場合には、適切な治療が行われることが1番ですので気がついたらなるべく早く皮膚科に行きましょう。

 

みなさん、いかがでしたか?
自分がどのタイプに当てはまるか分かったら、早速今日からシャンプーを変えてみましょう。

 

シャンプーを変えるだけで症状が劇的に改善される場合もあります。
シャンプーは実はとても重要なケアの1つなのです。

関連ページ

頭皮のかゆみにおすすめの簡単予防方法3選
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
頭皮のかゆみで乱れる前に!<日常生活での3つの注意ポイント>
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
強い頭皮を作るために日常生活で行なう3つのポイント
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
頭皮が痒い時は必見!<お風呂での正しい頭皮の洗い方>
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
毎日の洗髪時に簡単頭皮マッサージで頭皮も心も健康に!
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。
頭皮の乾燥を体内から防ぐ方法<栄養素・食事について>
頭皮かゆみ.netでは、頭皮の痒み(かゆみ)の原因であるフケや湿疹頭皮がなぜ起こるか?基礎知識や予防対策などを掲載しています。また、頭皮の「乾燥」によるかゆみ対策の為に実際に管理人が行っている保湿美容液「すこやか地肌」の体験談も掲載中です。